読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なつかしの「昭和のジャンプ作品」レビュー

「努力・友情・勝利」あと「エロ」! 懐かしの昭和のジャンプ作品を大人になった今、もう一度読み返してみます

きまぐれオレンジロード第1巻レビュー なつかしの昭和の思い出が蘇る!

 

 

 

 

昭和のラブコメといえばこれといえるくらい

人気の作品でしたよね。

 

恋に恋する思春期の愛読書だった人も多いのでは?

 

 

あらすじ

 

超能力一家のため何かとトラブルが絶えず

転校7回目の春日恭介。

 

そんな恭介が新しい街で出会った

ミステリアスな少女、鮎川まどか。

 

美しくも気まぐれなまどかに惹かれる恭介だが

まどかの後輩ひかるに猛アタックを受けて

昭和ラブコメ王道の三角関係に・・・・・・・。

 

 

のっけから「懐かしワード」

 

超能力一家の春日家。

 

今回の転校の理由は妹のくるみが

前の学校の体育の時間に

100メートルを3秒で走ってしまったのが原因。

 

そこに恭介がツッコミを入れます。

 

「ナナハンじゃないんだぞ人間はっ!!」

 

ナナハン・・・・・・・。

今ではあまり聞かないなつかしワードが

早くも1話から出てきます。

 

 

 

また1話でまどかとひかるが校舎裏でタバコを吸ってるシーン。

ここで恭介は超能力でタバコの火を消してまどかに一言。

 

「中学(いま)からタバコなんかすってると

丈夫な赤ちゃん産めなくなるぜっ!」

 

今だとセクハラで訴えられてもおかしくないセリフですね。

すごいわ昭和。

 

「中学」と書いて「いま」と読ませるのも

昭和のジャンプ特有の文化ですよね~。

 

 

 

ザ・昭和の「C調男」小松整司

 

転校初日、隣の席になった小松という男

 

「よろしくオレ小松ってんだ

こっちのほうでわからないことはきいてくれよ

たぶん教えてやれそうだぜっ!」

 

と小指を立てて(笑)。

 

そういえばこの時期小指立てて辞めた首相いたよね。

 

 また、手帳に

女の子のスリーサイズを書き込む

のも昭和ならでは(笑)。

 

 

 

定番の「体育の授業」

 

少年漫画のサービスカットの定番と言えば

「体育の授業」1巻ではラッキースケベ的なものこそありませんが

普通に体育の授業を受けている女子たちの体操着が

 

ブルマー

 

なんですね。もちろん鮎川もブルマー。

今見るとブルマー姿で体育って

どう考えても羞恥プレイにしか見えません(笑)。

 

 

そして体育の授業が終わった後に

こっそり能力(「ちから」と読むw)を使って

コートのはしから反対側のゴールにボールを投げ込む恭介

 

それをこっそり見ていたひかるちゃんの一言

 

「イ・カ・スじゃん!!」

 

いや、その言い回しが今となっては

イ・カ・ス・けどね!

 

 こうしてひかるちゃんは恭介に一目惚れし

その後のドタバタ三角関係劇を生み出すことになります。

 

 

 

 

 

恭介のファーストキスの相手は?

なんと小松なんですね(笑)。

鮎川とのキスシーンを妄想していた恭介が

妄想と現実の区別がつかなくなり

たまたま隣にいた小松に・・・・・・・。

 

ファーストキスの味は

「ニラレバと餃子の味」だったようです。

どちらも気の毒過ぎる(笑)。

 

 

「人を見た目で判断してはいけない」と力説する恭介

鮎川との「不純異性交遊容疑」で職員室に呼び出された恭介。

その流れで教師の口からひかるちゃんの名前が出てくる。

 

「あの子についてはあんまりいいウワサが聞こえてこない」

 

「不良っぽいというだけで不良じゃないんですねあの子」

と教師に噛み付く恭介

 

恭介の剣幕にたじろぐ教師に恭介はたたみかける

 

「だったらあの子のこと不良呼ばわりすることないじゃないですか!!」

 

 

だけど、ひかるちゃん

 

第1話に校舎裏で、鮎川とタバコ吸ってましたから~!

 

残念!

 

 

今読み返すと色々な意味で楽しめる

「きまぐれオレンジロード」第1巻のレビューでした!